30代の転職|確実に決めるためのテクニック

30代から転職するときの心構え

 転職するには、年齢も大きな要素になってきます。ある産業では、35歳までの採用など、業種ごとにある程度の年齢枠があります。30代のあなたが転職したい業種の求人情報を事前に、ハローワークなどで検索して、確認をすることをお勧めします。

 

 また、即戦力が欲しいのか、育てる予定なのかで採用されるされないが決まってくると思います。一例をあげると、営業職は、営業経験があれば尚良や優遇などの記載が多くありますが、介護職などは、比較的未経験者可能などの記載が多くあります。転職したい業種の研究をすることが、一番大切な心構えになると思います。

 

求人を探す

 30代におすすめの転職サイトはリクナビNEXTやマイナビエージェントなどネットで利用できるものです。登録は必要ですが、家で検索することができるので、時間の制約がありません。求人サイトも多々ありますので、そのようなサイトを活用することもいいかもしれません。

 

 また、同時平行的に、履歴書・職歴書・資格があれば、資格証のコピーなども用意しておくと、焦らずに良いでしょう。

 

実際に面接のアポイントを取る

 電話での印象は、その後の採用に大きく関わります。自分が今採用する側にいるので、分かるのですが、言葉使いや礼儀など社会人として、身についているかが電話により、ある程度判断できます。

 

 いくつかありますが、「今お電話していても大丈夫ですか?」、担当者不在時に「改めてこちらからご連絡させていただきます。何時くらいがご都合よろしいですか?」などの言葉が付く方は、好印象が持てます。

 

面接

 まず、身だしなみは当たりまえです。面接に関しては、人柄を見ていると思ってもらった方がいいと思います。経歴や職歴、資格は履歴書などで確認できますから。また最後に質問はありますか?の問いに答えないのはNGです。困ったときは、「もし御社に入社させていただけたとして、入社まだに準備しておいた方が良いことはございますか?」と聞いてください。やる気を示し、どんなスキルや準備が必要かが具体的にわかる一石二鳥の質問ですから。

 


更新履歴